飲食店の創業融資|業務経験の要件とそのポイントは?

飲食店の創業融資は、借りる側(あなた)からすればお金を借りて開業をするという流れですが、貸す側はお金を貸して、その利息を回収するビジネスモデルです。

そのため融資をするときは、最終的には「この借り入れをきちんと利息を含めて返済できるかどうか」に絞って審査します。

そこで、日本公庫制度融資の窓口は

「こういう人は返済の可能性が高い」「こういう人は返済されない」

という経験値から、さまざまな要件を設けています。

 

ここでは、その融資をする要件のうち、”業務経験”について検討してみましょう。

 

創業融資の要件のうち、資金の要件はこちらをご覧ください。

 

続きを読む

創業融資と行政書士|融資獲得を専門家に依頼する際のポイント

飲食店の開業にあたって融資を受ける際に、自分でやるべきか専門家に依頼するかで迷うことはあるかもしれません。

検索エンジンで「創業融資」と検索すればじゃんじゃん専門家のサイトが出てきますので専門家を選び放題かもしれません。

創業融資はもちろんあなた自身でやることも可能です。

そのため専門家に依頼しないで融資を獲得する人も多くいます。

ひょっとしたらあなたはいま、専門家に依頼するかしないかで迷っていて、何をポイントに決断すればいいのかがぼんやりしている状態かもしれません。

ここであなた自身で創業融資を受けるか、専門家に依頼をするかを選ぶ際のポイントを紹介します。

 

私は行政書士という立場でこの記事を書いていますが、最後までお読みいただいても「行政書士に依頼しましょう」という結論には絶対にしません。

また、安易に専門家への依頼を促すような姑息なこともいたしません。

あなたがフラットに、自由に選択できるように説明するつもりです。

ぜひ最後までお読みいただき、専門家に依頼するか、ご自身で手続きをするかの選択する判断材料にしていただければと思います。

 

続きを読む

飲食店の開業資金の種類|集め方とそれぞれの特徴はなに?

飲食店の開業資金はほかの事業に比べて比較的大きくなりがちです。

これは、飲食業がいわゆる”箱物ビジネス”というところにその理由があります。

例えば事務所の一室でできてしまうようなビジネスであれば、店舗を借りる資金や内装費などがかかりません。

しかし、飲食店であれば店舗の立地が業績に与える影響はおおきく、できる限りいいところで始めたいと願うのがすべての開業者の願いでしょう。

いいところで始めれば当然敷金なども大きくなりますのでそのぶん開業資金が大きくなるのです。

 

さらに、お店の内装もほかにはない特殊性を持たせたければ、それだけでデザイン費・内装費が何百万円もかかってしまいます。

 

 

一般的に言って、飲食店で開業しようという場合は少なくても1000万円は必要だといわれています。

ただし、飲食業界は給料が低めなので簡単にポンと1000万円を用意できる人はなかなかいません。

ほとんどの開業者は自己資金以外に融資を受けてそれらを合わせて開業資金にするのです。

 

続きを読む

信用保証料とは?制度融資で信用を得るために必要な利用料

飲食店の開業をする場合に活用したいのが日本政策金融公庫の創業融資と各自治体の制度融資です。

制度融資は金融機関、自治体、信用保証協会の協力のもとに成り立っています。

新規開業者に最もなじみやすい日本政策金融公庫の創業融資と比べても利用しやすく、利率も低いです。

このときに、一見すると利率が自治体の制度融資のほうが低いように映りますが、制度融資は信用保証協会に信用保証料を支払いますので結局同じような利率になります。

 

続きを読む

制度融資とは?飲食店の開業・融資で押さえるべきポイント

これから飲食店で開業をしようという場合に、全額自己資金でまかなえる人はほとんどいません。

飲食店は開業に多額の投資金額が必要なので、通常は自己資金以外に金融機関や知人から融資を受けて創業します。

そして、町中にある普通の銀行は、創業間もない起業家には融資をしません。

大銀行はすでに実績のある企業には融資を行いますが、スタートアップの起業家にはリスクが高いとの理由で融資をしないのです。

 

では、これから飲食業で開業をする起業家には何が窓口になってくれるのでしょうか?

一般的には日本政策金融公庫と、地方自治体の制度融資なのです。

 

今回は、このうち、制度融資の全体像を理解してみましょう。

 

 

続きを読む

日本政策金融公庫|飲食店の開業でまず最初に付き合う銀行

飲食店の開業で融資をお考えの場合、真っ先に思い浮かぶのが日本政策金融公庫でしょう。

日本政策金融公庫は、略称を日本公庫(にっぽんこうこ)としていますので、ここでも日本公庫と略することとします。

 

もちろん日本公庫以外にも融資をしてくれる金融機関はありますが、創業をお考えの場合にスタートアップとして最もなじみやすいのが日本公庫なのです。

もともとは国民生活金融公庫、農林漁業金融公庫、中小企業金融公庫、国際協力銀行(国際金融等業務)であったのですが、組織改編によって一つにまとまって出来上がった民間の銀行です。

 

民間とはいえ、100%政府が出資しているので国の政策の影響を大きく受ける傾向が強いです。

続きを読む

飲食店の創業融資|自己資金の条件をわかりやすく解説!

一般的に、飲食店を開業しようとする場合は最低でも何百万円単位の資金が必要になります。

飲食店の場合は店舗を借りたり、内装や調理場の施工などで最初にいきなり大きな出費がかかります。

さらに、よほどの実績がない限り最初はなかなか売り上げが軌道に乗りづらい業態だからです。

 

私の経験上、一般的な居酒屋やラーメン店であっても1000万円かかるのは普通のことでしょう。

では、普通の生活をしている人がいきなり開業のために1000万円をポンと用意することができるでしょうか?

おそらくほとんどの人はノーと答えると思います。

 

そこで考えるのが創業融資などの公的機関からの融資でしょう。

例えば自己資金で500万円をため、残りの500万円を融資を受けて開業をするのはごく普通のことといえます。

融資とはいえ”借金”ですからいい響きではないかもしれませんが、飲食店での開業を考えた場合、避けては通れないと考えましょう。

 

今回は、この創業融資のなかでもとくに重要な条件である「自己資金」について解説をします。

 

続きを読む

飲食店営業許可をマンションの一室で取ることは可能なの?

マンションの一室や一般的なご家庭の一室を飲食店とみなして営業したいという相談を受けることはよくあります。

この場合に検討すべきことは、

①許可を法律的に取得することはできるのか

②許可が取れるとして、実際に営業することができるのか

を検討する必要があります。

ここで全体像を見て、具体的に検討してみましょう。

 

マンションの一室で飲食店営業許可を取る

法律的には可能

飲食店営業許可は食品衛生法という法律の「食品営業許可」という手続きになります。

食品や飲料に手を加えて販売する営業ですが、この許可要件に「マンションでは許可は取れない」という決まりはどこにもありません。

そのため、一般的な設備上の許可要件さえ満たしていれば許可取得は可能です。

・調理場内に流しが二つ以上ある

・調理場と客席が区分わけされている

・調理場と便所に手洗いがある

・冷蔵庫が設置されている

・扉付きの収納がある

これらが整っている場合は許可が取れる可能性が高いです。

 

続きを読む

飲食店営業許可|営業時間に制限はあるの?教えてください!

飲食店営業許可は保健所に申請する「食品営業許可」というものです。

店内で加工をした食材や飲料をお客に提供し、対価を得るという営業になります。

ほとんどの場合は、飲食店営業許可には営業時間の制限はありません。

ただし、営業内容によっては営業時間に制限を受けることがあります。

ここで全体像を確認しましょう。

飲食店営業許可の営業時間の制限

基本的には営業時間に制限はない

例えばラーメン店やパスタハウスのように食事がメインのお店の場合は基本的に営業時間の制限はないと思っていいでしょう。

ただし、これは食品衛生法という法律上の話です。

 

これ以外のパターンとして、個別の条例などでの制限も考えられますし、私人間の契約があった場合、これも制限といえます。

例えばテナントの賃貸借契約で住居施設への影響を考えて深夜帯の営業に禁止事項があることも考えられます。

営業内容によっては近隣住民からの反対の声も出てくる可能性があります。

「法律で許されているんだから知ったこっちゃない」という考えもあるかもしれませんが、トラブルを抱えながらの営業は予想以上のストレスなので、私としてはお勧めできません。

もちろん根拠のない無意味な反対意見は無視することも必要かもしれません。

しかし、住居地域なのに深夜帯が騒がしい飲食店などの正当な理由がある場合は全く無視することは営業者として無責任といえます。

続きを読む

飲食店営業許可|手洗いの大きさと必要な数は?消毒装置は?

飲食店営業許可には設備の許可基準で、手洗いの設置が求められています。

スケルトンから施工する場合は事前に許可基準を満たすように施工すると思いますので問題ないかと思います。

しかし、居ぬきの店舗であれば、以前の営業者が手洗いを外してしまったなんてこともよくあります。

ここでは、飲食店営業許可で必要な手洗いの設置とそのポイントを解説します。

 

続きを読む

error: Content is protected !!