自分でやる!創業計画書の書き方

飲食店の創業計画書④|営業時間と労働時間を検討する

創業融資の計画書もここからいよいよ実際に売り上げや利益面の検討に入ります。

ここから先の記載は、ここまでの創業動機や強みなどと連動するべきです。

例えば、事業の強みではほかにはないほどの圧倒的な優位性を示しているのに数字面では控えめであったりすれば、「大きな風呂敷を広げているなあ」と思われます。

その逆であれば「数字面のもくろみが甘いんじゃないか」ととらえられる可能性もあります。

文章ベースですとなかなか難しいかもしれませんが、それも含めて完成度なのです。

 

続きを読む

飲食店の創業計画書③|事業の具体的内容と強みの説明をする

飲食店の創業計画書は、全体は冷静に、かつ具体的に記載をして、熱意は全体の1割程度で行くのがベストです。

前回の創業動機については自分の情熱ややる気をそのままぶつければいいのですが、ここからは具体的に、できる限り客観的に記載をすることになります。

 

PDFはこちらからダウンロードしてください。

 

続きを読む

飲食店の創業計画書のひな形②|表紙と創業動機

では早速事業計画書を見てみましょう。

今回は表紙と創業動機を記載していきます。

通常は創業計画書の最初の書き出しは創業動機を記載しますが、当事務所は最初に結論と要約を記載しています。

こうすることによって融資担当者は結論がわかっているため、安心して読み進めることができるメリットがあるのです。

 

表紙から1枚目はこちらをダウンロードしてください(PDF)

 

また、こちらのページから読み始めた方は、

創業計画書作成の心構え

をまずは一読することをお勧めします。

 

続きを読む

error: Content is protected !!