創業計画書

飲食店の創業計画書④|営業時間と労働時間を検討する

創業融資の計画書もここからいよいよ実際に売り上げや利益面の検討に入ります。

ここから先の記載は、ここまでの創業動機や強みなどと連動するべきです。

例えば、事業の強みではほかにはないほどの圧倒的な優位性を示しているのに数字面では控えめであったりすれば、「大きな風呂敷を広げているなあ」と思われます。

その逆であれば「数字面のもくろみが甘いんじゃないか」ととらえられる可能性もあります。

文章ベースですとなかなか難しいかもしれませんが、それも含めて完成度なのです。

 

続きを読む

飲食店の創業計画書③|事業の具体的内容と強みの説明をする

飲食店の創業計画書は、全体は冷静に、かつ具体的に記載をして、熱意は全体の1割程度で行くのがベストです。

前回の創業動機については自分の情熱ややる気をそのままぶつければいいのですが、ここからは具体的に、できる限り客観的に記載をすることになります。

 

PDFはこちらからダウンロードしてください。

 

続きを読む

飲食店の創業計画書のひな形②|表紙と創業動機

では早速事業計画書を見てみましょう。

今回は表紙と創業動機を記載していきます。

通常は創業計画書の最初の書き出しは創業動機を記載しますが、当事務所は最初に結論と要約を記載しています。

こうすることによって融資担当者は結論がわかっているため、安心して読み進めることができるメリットがあるのです。

 

表紙から1枚目はこちらをダウンロードしてください(PDF)

 

また、こちらのページから読み始めた方は、

創業計画書作成の心構え

をまずは一読することをお勧めします。

 

続きを読む

飲食店の創業計画書のひながた①|創業計画書の全体像と心構え

飲食店の開業で融資を受ける場合に日本政策金融公庫や地方自治体の制度融資をお考えの方は多いでしょう。

できればあなた自身で融資手続きができればそれが一番ではありますが、要件を満たし、そのうえで創業計画書を作成するのは簡単ではありません。

飲食業界で勤務している人にとっては創業計画書をスラスラかける人はまずいません。

もし書けたとしても、融資は他者との競争でもありますので完成度は高ければ高いほどいいのです。

融資希望者全体の融資実績は10%程度と言われているところからも、融資のハードルは簡単ではないことがわかるかと思います。

 

では、最初からあきらめて行政書士のような書類作成のプロに依頼をするのがベストなのでしょうか?

私はそうは思いません。

スタートアップであれば出費は一円でも押さえるべきですし、「自分のお店だからこそできる限り自分でやりたい」という思いをかなえるためにもあなたが自分でできることがベストだと思うからです。

ただし、ではどの程度が融資を受けられるレベルの創業計画書なのか、どこまでの完成度が求められるのかはあまり公開されていません。

 

書類作成のプロからすれば簡単に自分の作成した計画書を公開するのは避けたいところですし、「それであればウチに依頼してくれ」というのが本音だからです。

もちろんプロからすればこの思いは当たり前のことですし、できる限り出し渋りをしたくなるのが人情でしょう。

ただし、それでは結局ブラックボックスのまま自分でやるかどうかを判断することになりますし、開業を考えている人からすれば情報不足といえます。

 

そこで、ここでは、実際に当事務所が依頼を受け、日本政策金融公庫から1500万円、制度融資で1500万円の融資を受けた実際の創業計画書をご紹介し、そのポイントをすべてお伝えします。

今回の創業計画書は、千葉県でお好み焼き屋のチェーン店で開業する際のものを紹介していますが、よくお読みいただくことで個人経営のお店にも対応できるようになっています。

また、合計3000万円を引き出した創業計画書ではありますが、小規模な融資(~500万円程度)にも十分参考になるでしょう。

 

もちろん、記事内容は個人情報が含まれていますので住所やデータなどはすべてフィクションです。

さらに、特定の個人がわからないように部分的に、あるいはその大部分を書き直ししています。

 

真剣に読み込んでいただければ、最終的にはあなた自身が創業計画書を書き込めるようになるくらいの内容に仕上げています。

大変に長い道のりではありますが、ぜひ最後までお読みいただき、プロに依頼するのか、あるいはご自身でやるのかの参考にしてください。

 

続きを読む

error: Content is protected !!